テラスハウス賃貸の特徴

一戸建てがくっついて並んだような賃貸物件

テラスハウスというと、おしゃれなイメージがありますが実際にはどのような賃貸物件なのかを良く知らないという人もいます。これは、一戸建てがくっついて並んだ昔ながらの長屋のような物件です。古い時代の長屋は平屋ですが、テラスハウスは2階建て以上になっていることがほとんどです。隣の家と壁が共同になっているものの、そのほかは一戸建てのように独立しています。マンションやアパートではエントランスや階段、エレベーターや廊下などを共有していますが、テラスハウスは共有部分がなく、各物件に戸建てのような玄関が用意されており直接出入りできるのも大きな違いです。室内はメゾネットになっており、室内の階段を使って1階と2階を行き来できるようになっています。

一戸建て感覚で生活できる

テラスハウスの良いところは一戸建てのような感覚で生活できることがあげられます。一般的な賃貸物件では小さい子供がいる場合は、階下に足音が響かないかなど生活音も気になりますが、テラスハウスなら階下に気を使う必要がありません。同条件の一戸建て賃貸物件に比べて家賃が安いこともメリットです。物件によっては庭や駐車場なども用意されています。メリットがたくさんある賃貸物件ですが、隣の家と隣接していることもあり、窓が少なくなることは理解しておきましょう。壁を共有していることで、生活音が気になる可能性もありますが、遮音性に優れた壁を採用するなどで音の問題に対応している物件もあります。安心して生活をするためには、実際に物件を見学しておくことも大切です。防音性に優れているか、階段の勾配がどの程度なのかもしっかりと確認しておきましょう。